物流システム構築イークラフトマンのブログ

License

Some rights reserved by Focx Photography

本日までの記事数 : 272 件

~ 風不死岳に登りました!! ~

最近、札幌では気温が下がってきたように思います。

皆様、こんばんは
技術の新です。

今回は支笏湖近くの山に登ってきた際の記事を書きたいと思います。
2017年7月8日土曜日、支笏湖付近にある山の内の一つ、
風不死岳(ふっぷしだけ)に今回は登ってきました。
標高は1102.5m。
支笏湖の南に位置する山です。
以前登ったニセコアンヌプリに続いて1000m越え
2つ目の山となります。
風不死岳(Wiki)

天気は晴天、絶好の登山日和です。

まずは、登山口で一枚写真をパシャリ。

今回登るのは北尾根コースと呼ばれるコースで
名前の通り山の北側から登っていくコースです。

事前に虫に注意との情報があったので
日焼け止め、虫よけスプレーをつけて
準備万全の状態でいざ、登山!!

登山口を暫く進んで待ち受けていたのは
傾斜45度はあるんじゃないかという急な坂道!!
いつかは平らな道になるだろうという希望をことごとく裏切って
ひたすらに急な坂道!!
これには正直驚きました。
今まで登って来た山は、平坦な道、ちょっとした傾斜の坂道が交互につづいて
急登とよばれる急な坂道は短いことがほとんどだったので
自分の中での常識が破られた瞬間でした。
流石にこの急な山道をずっと歩いているとどんどん体力を奪われていくので
途中途中で休憩を取りながら山頂を目指しました。
もくもくと、坂道を上り続ける事2時間近く・・・
ついに山頂に到着しました。

結局山頂近くまで急登が続いていたのには驚きました。



山頂から見える景色は絶景の一言
開けた視界に移るのは緑、湖、緑!!
登るまでの道は大変でしたがその疲れが一気に吹き飛びました。
上の一枚目の写真に写っている特徴的な山は支笏湖付近にある山の内のもう一つ樽前山です。

暫く景色を堪能しました。
山頂についたときにはもうお昼だったので山頂でお昼ご飯を食べることにします。
今回はの登山でもう一つ楽しみにしていたことがあります。
それは、山頂でのカップラーメン!!

これを実現するためにカップラーメン、バーナー、ガス、コッヘル(軽量の鍋)を
購入していました。

このセットで沸かしたお湯をカップラーメンに注いで待つこと3分。

そして食べます。
食べた感想は。

うまい!!

この一言です。
なんでしょうか、登って来た疲労と、綺麗な景色と
開けた場所で食べているというだけでこんなにも感じ方が
変わるものなのでしょうか?
食べているものは普段食べているものと同じものなのです。

登ったかいがありました。

食事も堪能して、しばらく休憩しました。
落ち着いた所で、下山を開始します。
登りと同じ道を下るのかと思いましたが、山頂で聞いた話だと
登山者が作った沢を下るコースでは天然の苔が見れるとのことで
遠回りになはなりますが同行者からの提案で挑戦してみることにしました。

対して苦労しないだろうと高をくくっていたのですが
それは大間違いでした。
どうやら自分の思っていた以上に体力がなかったようで
途中でダウンしてしまいました。
水も多めに持参したつもりだったのですが、足りなかったようです。
登りよりも多めの休憩をとりながら体にむちうって歩き続ける事数時間。

それは、現れました。

そう回り一面の岩という岩にびっしりと生えている天然の苔の空間です。
写真を撮っていなかったのが悔やまれるくらいになんというか感動しました。
その美しさに見とれるほどでした。
まさに自然の神秘です。
思い切ってチャレンジしたかいがありました。

結局最後まで体力と戦いながら下山したのですが
山頂は昼過ぎに出たのですがふもとについた時には
もう夕方になっていました。

これにて今回の登山は終了ですが、今回の登山を通じて感じた教訓。
・水はもっと余裕をもって持参する
・日頃からもっと体力づくりを行う

次は山頂からも見えていた樽前山の登山にも
挑戦してみたいです。

長くなりましたが本日はここら辺で筆を置かせて頂きたいと思います。
山の日も出来たし、積極的に登山していきたいと思います。

本日は技術部新がお送りしました。