情報セキュリティ基本方針

株式会社イークラフトマンは情報サービス及びこれらに関わるソフトウェア又は各種装置の開発、運用保守業務を行う上で、さまざまな情報資産を取り扱っています。

情報セキュリティとして、全てのお客さまの信頼を保持するためにも、これら情報資産に対する適切な安全管理対策を実施し、これを実現するために情報セキュリティマネジメントシステムを構築・運用します。また、法令及び規制要求事項並びに当社で定めた基準を満たしたサービス、ソフトウェアを提供する能力を有することを実証し、お客様の信頼と満足を高めていきます。

  1. ISMSの確立と継続的改善
    当社で取り扱うすべての情報資産を保護し、事業継続を可能にし、お客様の信頼を確保するため、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)を構築・運用・維持し、継続的改善を実施します。
  2. 法令及び規制要求事項への遵守と社会的責任の遂行
    セキュリティ関連の法令及び規制要求事項、並びに契約上の要求事項を遵守し、企業としての社会的責任を果たします。
  3. 「セキュリティ基本方針」に準拠した取組み
    当社が取り扱う情報資産に関わる全ての者は、この「セキュリティ基本方針」に基づきセキュリティ活動を実践します。
  4. ISMSを確立・運用・維持するための環境整備
    ISMS活動は一部のメンバーで推進できるものではなく、役員、社員、協働者といった当社の情報資産に関わる全ての者が一体となって取り組む必要があります。そのため、個々人が自らの責任でセキュリティ活動を行うのはもちろん、組織的な取り組みも必須となります。このため、社内に情報セキュリティ責任者を任命し、この統制の下、全社的なセキュリティ推進体制を構築し、セキュリティ活動を推進していきます。
  5. 事業上のリスクを考慮したセキュリティ対策の導入
    当社で取り扱う全ての情報資産を適切なリスクマネジメントに基づいて保護することによりセキュリティ脅威を軽減し、事業継続を確保します。

平成26年6月1日
株式会社イークラフトマン
代表取締役 新山 将督