ニュースリリース

NEW!

「北洋銀行 ものづくりテクノフェア2017」に出展いたします

株式会社イークラフトマンは、2017年7月20日(木)アクセスサッポロで開催される「北洋銀行 ものづくりテクノフェア2017」に出展いたします。

製造から流通までのノウハウと実績を活かし、ロジスティックを効率化するITを提案いたします。

今年は今までとは違うブースを考えております。
またお立ち寄り頂いた皆様にはノベルティをプレゼントしています。
みなさまお近くにお越しの際は、ぜひお立寄りください。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

イークラフトマン掲載ページ
http://hokuyo-monotec.jp/pdf/17_18.pdf


「北洋銀行 ものづくりテクノフェア2017」
〜東日本最大級のものづくり企業展示・商談会

  • 開催日時 2017年7月20日(木) 10:00~17:00
  • 開催場所 アクセスサッポロ (札幌市白石区流通センター4丁目)
  • 主  催 北洋銀行
  • 開催趣旨 優れた技術や製品を有する中小企業、大学、支援機関等が一堂に会する場を提供し、販路拡大や企業間連携の促進、情報交換や技術交流を通じて、北海道のものづくり産業の振興を図る。※詳細については、「ものづくりテクノフェア2017」のWebサイトをご覧ください。

設立10周年のご挨拶と御礼

株式会イークラフトマンは、2017年5月21日を持ちまして設立10周年を迎えることができました。

これもひとえに みなさまのご支援の賜物であり、ここに改めて深く感謝申し上げます。
これを機に社員一同、より一層ご満足頂けますよう真心をこめて業務に専念する所存でございます。
今後ともご支援ご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。

株式会社イークラフトマン 代表取締役 新山 将督

「平成28年度第2次補正予算「経営力向上・IT基盤整備支援事業」における実証プロジェクト」に選定されました

イークラフトマンは、この度「平成28年度第2次補正予算「経営力向上・IT基盤整備支援事業(次世代企業間データ連携調査事業)」における実証プロジェクト」に応募し、選定されましたのでお知らせいたします。


参照:中小企業庁
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/gijut/2017/170418ITkiban.htm

平成28年度第2次補正予算「経営力向上・IT基盤整備支援事業(次世代企業間データ連携調査事業)」は、企業間の受発注業務を含む業種の垣根を越えたデータ連携システムを整備し、中小企業の生産性をより一層向上させることを目的としています。
本事業の一環として、データ連携システムを用いた受発注業務等の効果を確認するために、平成28年12月22日から平成29年2月3日までシステム連携調査実証のモデルプロジェクトの募集を行いました。
この期間に申請のありました24件について、外部評価委員会において、厳正な審査を行った結果、12件のモデルプロジェクトを選定しました。

参照:ITコーディネーター協会
https://www.itc.or.jp/datarenkei/adopted_project.html

新年のご挨拶申し上げます

謹んで新年のお喜びを申し上げます。

旧年中は格別なご高配を賜り、誠に有難うございました。

本年も皆様にご満足頂けるサービスを心がける所存でございますので
何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。

皆様のご健勝と益々のご発展を心よりお祈りいたします。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

平成29年 元旦

ステップアップ!ビジネスマッチング in ベトナムに参加しています

2016年12月6日(火)〜9日(金)にベトナム・ホーチミンで開催されている 『ステップアップ!ビジネスマッチング in ベトナム』 に参加しております。

この取り組みは、ベトナムへの販路拡大を考えている札幌市内の情報関連産業企業を対象にしたもので、事業分野にあわせた食品業や流通業など現地での事業展開が見込める現地代理店等との商談会のほか、商材市場の可能性やオフショア先の確保などを目的とした視察などが行われます。

『日本経済新聞 2016年7月22日』に記事が掲載されました

先日採択されました、「スマート・コールドチェーン事業による食品の輸出促進事業(経済産業省:農商工連携等によるグローバルバリューチェーン構築事業)についての記事が掲載されました。

《生鮮品、1箱ずつ温度管理 イークラフトマン、ベトナム輸出支援 》
2016/7/22 7:00 日本経済新聞 電子版
http://www.nikkei.com/


《事業概要》

日本から輸出される生鮮品は冷温管理されたリーファーコンテナ等で輸送されているが、相手国内の輸送中または保管中にコンテナから出され放置されたまま温度管理が不徹底となっていることが多々ある。これまでは誰が、いつ、どこで、どのくらいの時間荷物を放置していたかというデータが存在しなかったため、具体的な改善策を講じることが困難だった。本事業では、小型IoTデバイスを用い、荷物温度をスマートフォンとクラウドで管理・分析し、温度管理技術指導を行うことにより、扱われる荷の高鮮度・高品質維持を図る。

  • スマート・コールドチェーン事業用のポータルサイトの構築
  • 小型IoT温度管理デバイスを貼付した荷物(生鮮品)をベトナムへ実証輸送
  • ベトナムでのスマート・コールドチェーン事業のPRイベントの実施
  • ベトナムにおける輸送業務及び管理体制の改善

参考URL
「農商工連携等によるグローバルバリューチェーン構築事業」の2次採択を決定しました
~ 北海道農水産品の輸出拡大に向けて ~
(平成28年6月30日 経済産業省北海道経済産業局)
http://www.hkd.meti.go.jp/hoksn/20160630/

「農商工連携等によるグローバルバリューチェーン構築事業」に採択されました

経済産業省の平成27年度補正予算「農商工連携等によるグローバルバリューチェーン構築事業」の2次募集に応募し、採択されました。

《事業名》スマート・コールドチェーン事業による食品の輸出促進事業

《ターゲット国》ベトナム

《事業概要》
日本から輸出される生鮮品は冷温管理されたリーファーコンテナ等で輸送されているが、相手国内の輸送中または保管中にコンテナから出され放置されたまま温度管理が不徹底となっていることが多々ある。これまでは誰が、いつ、どこで、どのくらいの時間荷物を放置していたかというデータが存在しなかったため、具体的な改善策を講じることが困難だった。本事業では、小型IoTデバイスを用い、荷物温度をスマートフォンとクラウドで管理・分析し、温度管理技術指導を行うことにより、扱われる荷の高鮮度・高品質維持を図る。

  • スマート・コールドチェーン事業用のポータルサイトの構築
  • 小型IoT温度管理デバイスを貼付した荷物(生鮮品)をベトナムへ実証輸送
  • ベトナムでのスマート・コールドチェーン事業のPRイベントの実施
  • ベトナムにおける輸送業務及び管理体制の改善

参考URL
「農商工連携等によるグローバルバリューチェーン構築事業」の2次採択を決定しました
~ 北海道農水産品の輸出拡大に向けて ~
(平成28年6月30日 経済産業省北海道経済産業局)
http://www.hkd.meti.go.jp/hoksn/20160630/

ソクウケ!快速注文アプリ & ソクウケ2:CTI

2016年6月8日(水)~10日(金)に幕張メッセで開催されます「Interop Tokyo 2016」で発表、展示ブースでご紹介する

のプレゼンテーション資料を公開いたします。
ご参加になれない方々は是非こちらでご覧ください。
※本データには、講演の音声は含まれておりません。

ソクウケ!快速注文アプリ は、平成26年度「北の起業家表彰」 受賞者ピッチに用いたデータの進化版で、起業家万博・I-Challenge! に参加しました。

ソクウケ!快速注文アプリ

◆PDF:20160308_NICT-Enterpreneurs-Challenge-2days_sokuuke1.pdf (2.41MB)
◆YouTube動画(.mp4):https://youtu.be/h7rP3EvZNCc
▼SlideShare:PowerPointスライド(.pptx)

はじめに

総務省、NICT(国立研究開発法人情報通信研究機構)主催の
平成27年度 総務省・NICT Enterpreneurs’ Challenge 2Days
~世界に向けたムーブメントを生み出す ICT ベンチャーの創出~ 2日目:起業家万博・I-Challenge!
企業プレゼンテーション用スライドデータです。
詳しくは株式会社イークラフトマンまでお問い合わせください。

株式会社イークラフトマン(E+CRAFTMAN)
〒060-0003 北海道札幌市中央区北3条西18丁目2-10 MMAビル4F
TEL011-640-7200 FAX011-640-7210

INDEX ~ SlideShare:PowerPoint スライド~

P 01
【表紙】BtoB シッカリ選んでスマート注文 快速注文アプリ ソクウケ!
P 02
Step 1. 情報をサッと分析し
P 03
Step 2. シッカリ選んで・・・
P 04
Step 3. スマート注文!
P 05
毎日たくさんのお客様から細かい注文をそれなりに頂いている、あなたにオススメのアプリです。
P 06
受注の現場( Front Office )では現在、電話・FAX・メールなどで注文を受けていることでしょう。
そこには、一方通行な受注体制、注文の聞き間違い・読み間違い、入力ミス、電話・FAX による受注ご返信、FAX の紙づまりや用紙切れ、ご請求漏れ、ダブルチェックのしづらさ等々、ひとつひとつは瑣末な・・・けれど集まれば大層な負担が潜在し業務が滞りがちとなります。
P 07
これをキレイに解消してくれる、ひとつの手段が「ソクウケ」アプリの導入です。発注サイドはアプリを使用して注文し、受注サイドは注文内容をデータ受信。ただ受信するのみならず、受注データの活用(集計・分析し、次回の受注に役立つ情報を発注サイドへ提供するなど)に役立てること)ができます。
P 08
スムーズな受注により社内の業務効率が向上すると、顔が見えないながらも接客応対の品質が向上し、発注者のみなさまに喜ばれることでしょう。
P 09
まだあります!
P 10
出荷の現場( Back Office )では、注文内容を人が集計・書き写しを行っている場合があります。
この工程でもまた受注現場( Front Office )と同様のヒューマンエラーが起こりえます。
P 11
ここでも「ソクウケ」によって受信した受注データが威力を発揮します。受注データの活用により送り状・請求・納品書の発行などに役立てることができます。
P 12
すなわち出荷の人為的ロスタイムを軽減し、迅速に納品可能となります。
P 13
ソクウケの特長として次の3点が挙げられます。
Point 1. 導入が容易であること。大掛かりな設備は不要です。
P 14
Point 2. 必要な発注機能があらかじめ備わっています。
P 15
Point 3. 必要な受注機能があらかじめ備わっています。
P 16
導入までの流れは次の通りです。
P 17
「ソクウケ」によって発注・受注双方の業務効率を上げ、生み出された価値ある時間を他の業務に有効活用しましょう!
P 18
詳しくは株式会社イークラフトマンまでお問い合わせください。

ソクウケ2:CTI

◆PDF:20160608_InteropTokyo2016_sokuuke2.pdf (803KB)
◆YouTube動画(.mp4):https://youtu.be/qR8pSJjYm2Q
▼SlideShare:PowerPointスライドショー(.pptx)

はじめに

従来の CTI は設備の初期投資や維持管理費用が大規模で、中・大企業でなければ導入しづらいものでした。
株式会社イークラフトマンのソクウケ2:CTI は、
CTIを行うためのバックグラウンド装備をイークラフトマンにアウトソーシングすることで、
CTIの常識を覆すコストダウンを実現します。
PC・モニタ・電話そしてインターネット回線があれば、どなたでも導入いただけます。
詳しくは株式会社イークラフトマンまでお問い合わせください。

株式会社イークラフトマン(E+CRAFTMAN)
〒060-0003 北海道札幌市中央区北3条西18丁目2-10 MMAビル4F
TEL011-640-7200 FAX011-640-7210
http://www.ecraftman.com/

INDEX ~ SlideShare:PowerPoint スライド~

P 01
【表紙】BtoB 、BtoC CTI (電話とコンピュータの統合システム Computer Telephony Integration System) ソクウケ2:CTI
P 02
CTI とは端的には、電話の着信音と同時に顧客情報・対応履歴などがご使用端末のディスプレイに表示される「電話とコンピュータの統合システム」のことです。電話を受けたスタッフはディスプレイを見てお客様情報を認識しながら通話することができます。
P 03
従来の CTI は大掛かりな設備の初期投資や維持管理がネックとなり、必然的に中・大企業しか導入することができないのが現状です。
P 04
この通念を覆すのが「ソクウケ2:CTI」です!
必要なのは CTI を受信するPCなどの端末、電話機、そしてインターネット環境。現在の事業所にはすでに備えがあるのではないでしょうか?
現在なくても、気軽に導入可能なものばかりです。
P 05
「ソクウケ2:CTI」では、これまで導入を阻んでいた大掛かりなバックグラウンド設備の役割を、株式会社イークラフトマン データセンターが担います。ご利用者の方々はバックグラウンド設備不要でクラウドを利用できることになります。これで、受信に携帯端末を利用すれば、どこでも CTI の利用が可能となります。さらには、オーソドックスな CTI の業務ノウハウをあらかじめ搭載可能です。
P 06
導入すると、このような業務フローが円滑に行えます。
P 07
詳しくは株式会社イークラフトマンまでお問い合わせください。
1 / 1812345...10...Last