物流システム構築イークラフトマンのブログ

License

Some rights reserved by likeablerodent

本日までの記事数 : 311 件

山の頂を目指して ~ ニセコアンヌプリ編 ~

暑さが残る今日この頃、皆様は如何おすごしでしょうか?
皆さまこんにちは、技術の新です。
ニセコ_パノラマ

さて、少し前の話になりますが、北海道で夏といったら山に登るしかないだろうということで
前々から計画はしていたのですがやっと8月にその計画を実行に移しました。
そう山登りです!!

今回は自分自身が山登り初ということも踏まえて初心者向けの登山コースということで
スキーやスノボーをプレイする場所としても有名なニセコアンヌプリ
に登ることにしました。

いくら初心者向けといっても山を登る事に変わりはないため、事前にネットなどで情報を集めて
登山に必要な装備を揃えるところから始めました。

調べた結果として

  • ナップザック
  • ナップザックカバー
  • ライト
  • トレッキングシューズ
  • 水筒
  • 帽子
  • コンパス
  • ゴミ袋
  • 雨具
  • 虫よけスプレー
  • 日焼け止め
  • 非常食
  • レスキューシート

等が必要とのことでした。
XEBIOにいったり自宅の押し入れ探したりして、なんとかかんとか道具をそろえました。

~ そして登山日当日 ~

心配していた天気ですが、崩れることはありませんでした。
朝4時に友人の車に乗って家を出発。
7時前くらいにはニセコの麓に到着しました。
登山口には”入林記録帳”があり名前、住所、入った日次、出る予定の日時等を書いていよいよ登山開始!!

歩き始めの道はどうやら雨が降っていたのか道の状態がわるくぬかるんでいました。
足を取られないようにどんどん進んでいきます。

途中で下山してきた登山者と出会い挨拶をしてすれ違いました。
早くに入る人はいるのだなと衝撃を受けました。

最初の内は道がぬかるんでいたのですが、進んでいくうちに日差しも入り
道も歩きやすくなってきました。

ニセコ__途中

更に足を進めると、今度は岩が現れ始めてきてどんどん歩きにくくなってきました。

ニセコ_岩

いつまで登るんだろうと思い始めた時、周りの景色が開けた所にでました。
どうやら?隣の山まで道は続いているようです。

ニセコ_隣

更に足を進める事数十分、さらに数人の登山者とすれ違いました。
周りの景色を見ながらどんどん登ります。

そして、ついに・・・・・・

ニセコ_山頂

やってきました。山頂!!

ここまでの道のりおおよそ90分でした。
これは自分でも意外だったのですが、山頂にたどり着いた時に
体力に余裕があったのです。
やはり登山用の装備は半端ないのか!?と思ったのと、
たまに会社から家まで歩いて帰っていたのが功をなしたのかなと思いました。

ニセコ_山頂1

ニセコ_山頂5

ニセコ_山頂4

ニセコ_山頂3

ニセコ_山頂2

山頂から見える景色は壮観で記事の最初に乗せた画像も山頂から撮影したものです。
朝早くから登り始めましたがこの景色が見れただけでも登った価値はありました。
自然の凄さとか広さとか言葉で表せないのですがとにかく感動しました。
この山頂からの景色の凄さを知ってしまったら登山の凄さを知ってしまったら、
一体他の山の山頂からはどんなに凄い景色が見えるんだろう??とは思わずにはいられません。
恐らくここから私の登山家としての一歩目が始まったのだと思います。

しばらくしてお昼は麓で食べたいという思いから下山を開始しました。
下りの方が上りよりは楽だろうと思っていたのですが、全然そんなことはなくて
特に岩場では上り以上に足運びにきをつけないと危なかったです。
下山中にもちらほらと登山客とすれ違いまいた。予想以上にすれ違った人数が多くて
ニセコ意外と登る人多いんだなと思いました。
そんな中でもこの山ですでに3つ以上も登っているという元気な老人と出会いました。
彼は出会った時点でそうとう体力的には疲れているようでしたがそんな雰囲気をものともせずに
元気で、それだけ山登って元気というのはかなりの上級者!?とこの日3度目くらいの衝撃を受けました。

そんな事もありつつ無事に下山する事が出来ました。
お昼前には麓にたどり着きました。
その後、事前に決めていたニセコの温泉にはいって疲れをリフレッシュし、
途中にあったミルク工房によって美味しいアイスクリームを食べてきました。
人生で二度目のミルク工房でしたが、何度食べてもおいしかったです。

そして予定外ではあったのですが夕食までまだ時間もあるとのことで
ニセコは沼も有名とのことだったので、進路を変更して一番大きい沼である
気仙沼によることにしました。
驚いたのが沼までの道が綺麗に整備されていることでした。
木の丸太で作られた道が入口から沼までずっと続いていました。
そして到着した気仙沼!!

気仙沼

気仙沼は初めてなのですが沼自体も初めてきました!!
なんていうかアニメとかゲームとかの物語をとおして自分が想像してた通りの沼でした!!
広い広い沼で、凄かったの言葉しか出てきません。

そんなこんなで今回の旅の終着点は気仙沼でした。
後はこのまま車で帰宅です。
晩御飯はニセコで食べずに以前一度いってそのボリュームの多さ、
その割には安いし味も美味しかった”浜ちゃんぽん”というお店にいき、
浜ちゃんぽんでその日を〆ました。

今回の山登りを通して、自然の雄大さを知ったのと、山に登る行程自体、そして
登り切った山頂から見える景色にすっかり虜になってしまったので、これでまた一つ趣味が増えました。
これからどんどん山に登っていこうと思います。

ここまでの長文お付き合いいただきありがとうございました。
今回はこの辺で筆をおかせて頂きます。
技術部新がお送りました。