物流システム構築イークラフトマンのブログ

License

Some rights reserved by localjapantimes

本日までの記事数 : 311 件

札幌の雪からの・・・スマホ!!

1207_snow

最近すっかり冷え込んで寒くなってきましたね!!
冬到来です。
皆さま、こんばんは。
技術部の新です。

冒頭の写真は12/7に札幌で撮影した写真です。

先月11月の下旬で突如札幌を襲った大雪!!
積雪はなんと
11/25日午前9時の時点で

44センチ!!

札幌で11月で積雪40センチを超えたのは実に62年振りとのことでした!
参考記事
週末から冷え込んでまた雪が降るようです。

と、最近個人的に衝撃だった件の報告をさせて頂いたところで
今回書かせて頂く内容は冬とも雪とも関係ない話題です。それは

Windows Phoneが日本で続々投入されている件について

です。

と、というのも、この時期に入ってから
マウスコンピューター、FREETEL、トリニティ、ドスパラ等
各社から日本のスマホのWindows Phoneの発売や発表が相次いでいます。
簡単な比較記事は参考サイトにおまかせします。
参考記事

そんな中今回は個人的に気になるFREETELのKATANA02
トリニティのNuAns Neoの二台について書きたいと思います。

早速1台目のFREETELのKATANA02ですが、基本スペックは以下の通り

項目 内容
OS Windows 10 Mobile
CPU クアッドコア
ディスプレイ 5.0インチ(1280×720)
メインメモリ 2GB
内臓メモリ 16GB
バッテリー容量 2600mAh
発売日 2016年1月上旬

製品ページ→こちら

FREETELから発売されたWindwos Phoneとしては
2台目になります。
1台目であったKATANA01はその価格の安さから
注目を集めましたが、実際に購入した人達の
感想を見ると、動作が全体的にもっさりとしていて
価格相応だったようです。

今回のKATANA02はKATANA01より価格も性能もアップしているとのこと。
価格も変更が入り現時点では19,800円となっており
SIMフリー端末としては入手しやすい価格帯となっています。
現時点では搭載されるCPUは4コアとだけ判明していて動作周波数や
搭載するチップセットがどうなるのか等の詳細な情報が出ていません。

気になるSIMの対応バンドはドコモ、SoftBankのネットワーク帯に対応しています。
NTTドコモ(バンド19)・ソフトバンク(バンド8)です。
公式サイトによるとプラチナバンドにも対応しているとのことです。
使用するSIMカードも回線がドコモかSoftBankであればKATANA02に挿して
使用する事が可能になっています。

更なる続報に期待したいところです。

続いて2台目のトリニティのNuAns Neo

基本スペックはこちら

項目 内容
OS Windows 10 Mobile
CPU Snapdragon 617
1.5GHz オクタコア
ディスプレイ 5.0インチ(1280×720)
メインメモリ 2GB
内臓メモリ 16GB
バッテリー容量 3,350mAh
発売日 2016年1月上旬

公式サイト→こちら
製品紹介参考記事→こちら

トリニティはもともとはアクセサリーを販売していた会社で
以前からいつかは本体も発売したいと考えていたようです。
それが今回満を持して発売になったということです。

基本スペックを見て頂くと少なくともミドルエンド以上のスペックであるのが
分かります。おそらく動作はさくさくかなと個人的には思っています。
公式サイトのストアによると価格は42,700円のようです。

スペックもそうですが個人的に気になる点が2つ

  • 本体のデザイン!!(カバーつけて上下でパターンが変更可能)
  • Windows MobileのContinuum対応!!

まず1点目の本体のデザインですが、今までみてきた
iphoneともAndroidとも違うそのデザインパターンと、
カバーを購入する事で好きな色の組み合わせを作る事が出来るという事です。
公式サイトを見ても様々な組み合わせが選べるようで、
色の組み合わせを考えるだけでも楽しめそうです。
個人的にはBlackとWhiteのモノトーンの組み合わせを試してみたい所です。

続いて2点目のContinuum対応について
参考記事

ContinuumというのはWindows Mobile 10の機能の一つで
対応しているスマートフォンにディスプレイ、キーボード、マウスを繋げることで
まるでデスクトップPCのような操作感で使用が出来るようになるというものです。
動画の鑑賞、メールの打ち込み、文書作成等、大画面だからこその利点を生かせるのは
強みになるのではないでしょうか??
→今記事を書いていてかなり試したくなってきました。

最後に一点、自分もこの記事を書いている中で見つけた情報なのですが
どうやらNuans Neoは NFCを搭載するようです!!
日本で発売する事も考えるとFelica対応もあるかもしれない!?
と、期待が高まるところです。
オサイフケータイってやつですね!!
参考記事

如何でしたでしょうか??
かなりざっくりとWindows Phone2台をピックアップして
紹介しました。
個人的には2台目のNuans Neoを購入したいです。
公式サイトからいけるStoreページで購入可能な店やサイトの情報が
あるのでそこからLet’s予約です!!

来年はWindows Phoneな年になったらおもしろいなと思います。
ここしばらくスマートフォン市場はAndroidとiPhoneの2強状態だったので
ここにきて新しい風が吹いて市場活性化しないかなと思いました。
自分が購入したらまずはアプリを開発してStoreの活性化に貢献しようかなと
考えています。

それでは今回はこの辺で筆をおかせて頂きます。
ここまでの長文お付き合い頂きありがとうございました。
今回は技術部新がお送りしましたー。