物流システム構築イークラフトマンのブログ

License

Some rights reserved by likeablerodent

本日までの記事数 : 311 件

アメリカのポップカルチャーが日本にやってきた

技術部の早川です。

今月3日に幕張メッセで開催されていた東京コミコン2016というイベントに行ってきました。

dsc_0053

ちなみにコミコンとはアメリカのサンディエゴで毎年7月上旬に開催されるアメリカンポップカルチャーのイベントです。

最大15万人が集まる世界最大級のイベントで、それが今回日本に初上陸のしました。

私にとってアメリカのポップカルチャーといえば、アメコミ、ゲーム、映画といったイメージです。

dsc_0057

入場すると目の前にバックトゥーザフューチャーのデロリアンが展示されていました。

もうこの時点で掴みは完璧です。いきなりアメリカンポップカルチャーが炸裂します。

dsc_0059

リアにコーヒーミルが装着されているので、これはブラウン博士が2015年の未来から戻ってきた飛行可能版のデロリアンですね。

dsc_0061

バックトゥーザフューチャーの裏側にはナイト2000が展示されていました。

懐かしすぎです。毎週月曜夜9時にナイトライダーを見てました。

dsc_0055

内装もバッチリ確認できました。ちなみにキットは喋りませんでした。

dsc_0075 dsc_0097

奥に行くとバットマンスーツとターミネーターのT-800の展示。どちらも映画の撮影で実際に使用したものとのことです。

dsc_0086 dsc_0081

dsc_0083

スーパーマンの等身大フィギュア、スーサイドスクワッドのハーレークイン1/4フィギュア、バットマンの1/6フィギュア。

ポップカルチャーの祭典だけあってフィギュアも充実してました。ハーレークインがリアル過ぎます。

dsc_0098

コミコンはアメリカンポップカルチャーのイベントですが、東京コミコンは日本のコンテンツも紹介・展示していました。

今年は映画シン・ゴジラが大ヒットしたので庵野ゴジラが展示されたのでしょう。

dsc_0088

ここでは初音ミクのキーホルダーが売られてました。ここまできたら何でもアリって感じです。

dsc_0106

イベント会場にはステージがあり、この時間帯はコスプレショーが開催中でもの凄い人だかりでした。

とまあ写真を貼っていった訳なんですが、これはほんの一部でこの他にも沢山のコンテンツがありました。

ただ一つ感じたことが、展示物は1970年台から1990年台のコンテンツが多かったという点です。

映画で言えばBTTF、ターミネーター、スター・ウォーズなどを上回るコンテンツがこれといって生まれて無いこと。

人の好みが多様化して大ヒットが生まれにくい時代背景もあるとしても、やはりハリウッドのネタ切れ感があると思いました。

ただどこも人が一杯だったのでイベント的には成功だったと言えるでしょう。

dsc_0090

東京コミコンHPへ