物流システム構築イークラフトマンのブログ

License

Some rights reserved by likeablerodent

本日までの記事数 : 311 件

完歩

去る2011年6月18日~19日、
イークラフトマンから、新山・毛利・荘司・(技術部)小林・(営業部)小林、
そしてパトーナー企業様から4名、合計9名で、
【空知単板工業㈱第10回チャリティー100kmウォーク】へ参加して参りました。

※1名サポーターとしての参加でしたので、ウォーキング自体は8名で臨みました。

20110620_0001.JPG
スタート一時間前。

先に結果を申し上げますと、

歩き始めてから4時間ほどで降り始めた一時的な大雨の影響もあり、
イークラフトマンのメンバーで最後まで歩ききれたのは、社長の新山たった一人だけでした。

30時間の制限時間が設けられていたなか、そのゴールタイムは、23時間38分!
「24時間以内にゴールする」という宣言を
見事に有言実行したのはさすがは我らが社長!!!!改めて感服です。

ちなみに私、営業部の小林はというと、、、55kmでリタイヤという恥ずかしい結果でした。

今回、私達が参加させていただいた大会は
第10回の記念大会であり700名近くの出場者と200名以上のサポーターという
とても大きなイベントでした。

私自身は100kmという道のりには遠く及ばない結果でしたが、
歩いただけなのに、本当に色々なことがあり、非常に多くのことを学ばせていただきました。

(らしくないことを書きますが・・・)

その中でも痛烈に感じたことは「人の温かさ」でしょうか。。。

道沿いで色んな方から声援をいただいたり、

チェックポイントごとに
サポーターの方に差し入れや足腰のマッサージをしていただり、

看護士さんにマメの処置をしていただいたり、

自分と同じペースで歩かれている方とたくさんお話させていただいたり、

先輩方に都度立ち止まって私が追いつくのを待ってくれたり(これは本当に励みになりました)、

普段の生活では、見過ごしてしまいがちになりそうな
“思いやり”に触れて、その大事さをかみ締めることが出来ました。

歩き始めて35kmくらい(大体8時間くらい)を越えると足腰の違和感が
もう本当に折れそうなくらいの激痛に変わり、
「なんで、こんなにツライ思いをしてまで歩かないとならないんだろう」
と悶々と、どんどん暗い気持ちになり、通りすぎるバスやタクシーに何度も飛び乗りたくなりました。

けれど、たくさんの方の明るい笑顔や心遣いで、
「50kmは必ず歩くって決めたんだ!」と気持ちを奮い立たせて、
なんとか自分自身で決めた目標距離は完歩することは出来ました。

いまは体の半分が筋肉痛で地下鉄の階段の昇り降りが非常に困難な状況ですが(笑)、
次回はしっかりと準備を整えて、メンバーみんなでの100km完歩を目指せればと思います♪

あらためて、
主催である空知単板工業株式会社様、サポーターの皆様、出場者の皆様、
お疲れ様でした!そして、「 あ り が と う 」 ございました!

20110620_0002.JPG
ゴール。イークラフトマン新山とサイレントシステム岡田さん。

取り急ぎ、参加報告まで!
小林