物流システム構築イークラフトマンのブログ

License

Some rights reserved by likeablerodent

本日までの記事数 : 311 件

色違い・イロチ買い

こんにちは。
管理部の近藤です。
今日は多分誰も興味がないであろう、私の習性についてお話したいと思います。

タイトルからもわかるように、私は買い物のとき、「同じものの色違い」を買うことが多いんです。
パンツ・シャツ・パンプス・時計などなど…。身に着けるものから化粧品までいろいろ。

この習性について、
「優柔不断だから選べないのでは?」とか
「どっちみちどちらかがお気に入りになって、ひとつは無駄になるのでは?」とか
「贅沢だ!」
なんてご意見もあると思います。
ただ私の経験上、イロチ買いしたものはかなりの確率でお気に入りになり、長く活躍します。

そうなるにはちょっとコツがあって、まずは最初からイロチ買いするのではなく、最初はひとつ。
身に着けて気に入ったら、別の色も物色します。
万が一お店で売り切れていても、最近はネットで通販も簡単にできるので、嬉しいところです。
試着は済んでいるので、サイズでの失敗はもちろんありません。
化粧品の場合も、使用感はわかっているのであとは色だけ。より確実です。

ここで失敗の原因になるのは、いわゆるファストファッション。
安さに目がくらんで、「この値段なら失敗してもいいかな。。。」と思って最初に複数購入しがちです。
だいたいそうやって購入したものは、自分の中のランクが下になり、家着に格下げになります。

最近流行の、最小限の持ち物で暮らす「ミニマリスト」には到底なれそうもありませんが、
こんなやり方、私は気に入ってます。
最近は携帯ケースを色違いの2色目購入しました。
(気に入っていた物がボロボロになり、新しいのを探したのですが今以上に気に入るのがなかった)
そして、次は財布もイロチ買いでいいかなーと考えています。

ある意味、効率的・経済的だと思いませんか?