物流システム構築イークラフトマンのブログ

License

Some rights reserved by Focx Photography

本日までの記事数 : 302 件

秘技 天空落とし

ラーメンの麺の茹で具合の話をします。
普通・固め・バリカタ・ハリガネ・粉落とし・湯通し・湯気通し

正直「ハリガネ」までは見たことがありますし、カップラーメンにもなっています。
それより固めの「粉落とし」「湯通し」「湯気通し」なんていうのはお目にかかった事すらありません。
解釈はお店によって違いますが、
茹で時間5秒程度が「粉落とし」1秒程度が「湯通し」0秒が「湯気通し」※名の通り湯気をくぐらせるだけ
と聞いた事があります。

ほぼ茹でてないのでカッチカチなんだと思います。
個人的には固麺はあまり得意ではないのですが、メリットを考察していきます。

・小麦の香りが楽しめる
確かに麺を楽しむ上では重要な要素かもしれません。
※私はやわ麺且つ小麦の香りを楽しみたい派です。

・食べている間にも茹でられるから
必要以上に柔らかくなることを避ける意味もあるかもしれません
※私は食べるのが早い方なので影響なさそうです

・早く食べたいから
これは性格的な問題もあればお腹の空き具合によりますね
※私にとっては1分程度の違いは誤差なのであまり気になりません

・周りが固めなので周りに合わせて
実際あるような気がします
※私が固めを食べるとしたらこの理由だと思います

・ちょっと通な感じを出していきたい
これも意外とあるような気がします。
※これも私がやる可能性があるかもしれません

実際誰かに聞いたわけでもないので、ぜーんぶ勝手な想像です。
好きな人に聞いたらちゃんとした理由があるのだと思います。

以上みんな違ってみんな良い、十人十色の回でした。

営業部 山田