物流システム構築イークラフトマンのブログ

License

Some rights reserved by daita

本日までの記事数 : 304 件

NEW!

杪秋

札幌ではすっかり秋も終わり
雪の気配が近づいてきてます。

先日、秋の気配を探しにカメラ片手に
弊社イークラフトマンの近くにある

北海道立近代美術館
ではなくその隣にある庭園
北海道立三岸好太郎美術館に行ってきました。

北海道立三岸好太郎美術館の庭園

皆様は写真を撮るのに、スマホ?デジタルカメラ?どちらを使いますか?
私はミラーレス一眼を使うより、スマホでさっと撮る場合が多いです。

で、気になったスマホとデジタル一眼レフカメラって何が違うの?
これをテーマにしたいと思います。

ざっくり思いつく形で
デジタル一眼レフカメラのメリットをいくつか

①動体のAF(オートフォーカス)追尾性能が優れている
②連射性能に優れている。
④細かい露出調整ができる。
⑤耐久性が高い
⑥電池持ちが優れている
⑦レンズ交換ができる

⑧たくさんのレンズの中から最適なもの選んで交換できる

という点が主なメリットかなと思います。

スマホのメリットとしては
①小型
②手軽
③被写界深度が深い(奥までフォーカスが合いやすい)
④撮影機材(スマホ)に通信機能を有しており、単体で外部に発信など完結できる。

このくらいかなと思います。

あとは
特定用途に特化したものが色んなメーカーから出ております
マクロ撮影特化
望遠特化
小型特化
防水防塵のカメラ
などなど

用途に応じて使い分ける時などに選択肢として入ってくると思います。

色々上げましたが自分が思う
特にスマホが特に優れている点は
気軽に誰がどうとってもそれなりの画像を出せるという事
夜間も多少はきれいに撮れるようになっています。
カメラ持ち出すにはちょっと・・という状況や
ちょっとしたメモ代わりに・・など。
今までコンパクトデジタルカメラが担っていた立場を完全に奪っていると思います。

で、デジタル一眼レフカメラのメリットとして
レンズ交換が大事という理由については
飛行機を撮影したい
花を撮影したい
運動会で子供を撮影したい
など
撮影状況に応じて適切なレンズで対応できるということ。
特にズームで撮影については他のカメラで厳しい場面が多々あると思います。

あとは露出調整ができるという点
スマホでもアプリによっては細かい調整ができるものもありますが
光学式レンズの中に機械式機構が入っているものは中々存在しないと思います。
これを使うと、結構簡単にインパクトのある写真を撮影することが出来ます。

こちらは機能の一つ
絞り優先機能(Aモード)で絞りを変えて撮影したもの

①画像左 絞り小(f/4 1/60 26mm iso-100)

②画像右 絞り大(f/13 1/60 26mm iso-640)

絞りを弱めるとボケが多い、柔らかい印象の写真に
絞りを強めるとボケが少ない、シャープな印象の写真に

今回使ったレンズは開放でもF3.5なので、大したことはありませんが
口径の大きい単焦点レンズだともっと顕著になります。

なので、普通に撮影する場合は最大開放値より1段階絞った方が良いです。

露出などの細かい話は
SONYのサイトに詳しく書いてあります。
興味を持たれた方はどうぞ
参考:製品情報 > 総合サポート > デジタル一眼カメラ α(アルファ) >

活用ガイド > デジタル一眼カメラ α(アルファ)で写真撮影を楽しむ
https://www.sony.jp/support/ichigan/enjoy/photo/

デメリットとしてはカメラが大きく、持ち運びに不便という事

なので、スマホとデジタル一眼レフの使い分けが重要だと思います。

撮影地
北海道立三岸好太郎美術館
入館料は一般510円 高校・大学生250円
住所 北海道札幌市中央区北2条西15丁目

★お知らせ★
アークス流通BMSの本番稼働日が発表されました。2019年3月1日(金)となっています。