物流システム構築イークラフトマンのブログ

License

Some rights reserved by likeablerodent

本日までの記事数 : 311 件

時間は最大の資源

11576_358319240948677_411239197_n.jpg

息子: パパ一つ聞いていい?

パパ: なんだい?

息子: パパの時給はいくら?

パパ: ほっといてくれ!どうしてだい?

息子: なんでもいいから教えてよ。パパの時給はいくら?

パパ:そんなに言うなら・・・・うーん、時給100ドルくらいかな。

息子:えっ! パパ50ドル貸してくれない?

パパ:くだらないオモチャを買うために?いますぐベットに入って反省してなさい!
    パパはそんなことの為に働いているんじゃないんだ!!

男の子は静かに自分の部屋に戻りドアを閉めました。

ぶしつけな質問にカッとなったパパも、しばらくして少し冷静さを取り戻しました。

お金を借りたいなんて、あの子らしくない態度だったな。

彼は息子の部屋の前に行きドアを開けました。

パパ: 起きてるかい?

息子: ・・・・うん。

パパ: さっきは、きつく当ってすまない。ほら、ここに50ドルあるよ。

男の子は笑顔で立ち上がりました。

息子: ありがとうパパ!!

そしておもむろに机の下からお札の束を取り出して数え始めました。

男の子はもう、いくらかお金を持っていたのです。

パパは、またしてもカンカンです。

パパ: どうしてお金をもっているのに貸してだなんて言ったんだ!?!

息子: だって足りなかったから・・・。でももう大丈夫!

息子: パパここに100ドルあるよ。パパの1時間分。
     だから明日は1時間早く帰ってきて、夕ご飯一緒に食べようよ。

これは友人が教えてくれた話です。

時間の大切さを語ってくれた時のものです。

社会人になると学ぶ事が沢山あったり、締切に追われたりと一日があっという間に終わってしまいます。遊びに行けなくてイライラする事もあると思います。仕事で家族や友人と共に過ごす時間が減っていくかもしれません。

だからこそ一日一日を無駄にすることなく、疲れていても、仕事で追われても、生きている事に感謝して、支えてくれている家族にありがとうの気持ちを伝えなければいけないですね。

管理部田中

3月11日で東日本大震災から2年。