物流システム構築イークラフトマンのブログ

License

Some rights reserved by likeablerodent

本日までの記事数 : 311 件

子供の頃の夢

こんにちは!
今回は営業部の山田がお送りしていきたいと思います!

今年25歳になり人生四半世紀を迎え、友人知人の結婚式や出産などが増えてきました。
そんな折にふと自分の子供の頃を振り返ってみました。

私は小学校の頃に少年野球チームに所属していて、
背も小さいながらに「1番・センター」として奮闘していました。
その頃の夢はもちろん「プロ野球選手」

そんな中でやはり憧れのプロ野球選手がいました。
周りの皆が「イチロー選手」「松井選手」に憧れる中、
私が憧れた選手は1999年当時中日ドラゴンズ所属の「関川 浩一選手」でした。

関川選手はもともと阪神タイガースに所属しプロ野球では珍しい「一番・キャッチャー」でしたが、
盗塁阻止に難があった為外野手を兼任し、俊足巧打を活かし3割前後の打率を残していました。

中日ドラゴンズに移籍してからは外野手専任になり「1番・センター」を任せられていました。
1999年当時には打率.330・4本塁打・60打点・20盗塁を記録し、リーグ優勝の牽引役を果たしました。

しかし目立つ活躍はそれ以降無く、人知れず楽天ゴールデンイーグルスへ移籍し一軍外野守備走塁コーチに就任し、阪神タイガースへ移籍し一軍外野守備走塁コーチに就任して野球人生を終えました。

「いぶし銀」と呼ばれる関川選手が輝いた1999年、関川選手と同じ背番号「23」を背負って野球をしていて、
同じポジション同じ打順の関川選手に当時人気のイチロー選手よりも輝きを感じました!

いぶし銀であるかもわからない自分にも輝ける場面が巡ってくるといいなと思います!笑

皆さん「関川 浩一選手」調べてみて下さい!朴訥さひたむきさに惚れますよー!

それではこの辺りで失礼します!
次回も私の大好きな野球選手をご紹介するかも?笑

野球