物流システム構築イークラフトマンのブログ

License

Some rights reserved by likeablerodent

本日までの記事数 : 311 件

札幌交通局の改革!!

皆様こんばんは、技術部の新です。
最近は徐々に暑くなり、夏が近づいてきていますね。
早速ですが、今回は技術情報から一転し
札幌市の地域ネタを一本投稿します。

去る6月22日、前々から札幌市交通局のHPでは通知されていたのですが
今までは市営地下鉄でしか使えなかった交通系ICカードのSAPICA

↓このようなカードです。
SAPICA.JPGのサムネール画像

このSAPICAが、この日を境に遂にというか、やっとといいますか札幌交通局管轄の
地下鉄だけではなく、バスや路面電車でも使えるようになりました!!
個人的には今まで地下鉄を利用していたのでこのカードを使っていたわけですが、折角札幌にいる
ので路面電車にも乗りたいと思い何度か路面電車も利用していたのですが
・乗車料金が大人170円
・早朝は150円
と通常での大人料金が微妙に中途半端で小銭を普段あまり持たない自分としては両替必須で
一個人として、この状況なんとかならいか?と悶々とする毎日でした。
共通ウィズユーカード使えばいいのでは?という方もいらっしゃるかもしれませんが、個人的に
どうにもあの手の使い切りカードは性に合わないようで、中途半端にカードに金額余ったらもったい
ないなあとか(実際には複数カードで金額を使いまわせるみたいですが)、主に金額面で悩みつつ
結局今まで購入に至らずでした。
そんな悩みを抱えている最中、頭の中ではいつも「地下鉄で利用しているSAPICAが同じ札幌市
交通局管轄だし路面電車でも使えるようにならないかな」と考えるようにもなっていました。
そんな悩みを汲み取ってくれたのかどうかは分かりませんが、今年頭になんとなく地下鉄で見かけた
車内広告の一面

SAPICA、路面電車でも使えるようになります

この広告を見かけた時思わず心の中で「キターー」と叫んでしまったのは言わずもがな。
心の中のもやもやが晴れるようでした。
その広告を見てから今か今かと一日千秋の思いで待っていました。
そしてやってきた6月22日(土)当日、当然の如く路面電車に乗る事にした自分は
最寄の路面電車の駅まで足を運びました、頭の中ではSAPICA使えるといっても、どういう利用形態
になってるのだろう?とか、タッチするのは降りる時だけ?、それとも乗る時と降りる時両方?などと
思案を巡らせていました。

そんな中奴は現れました!!
路面電車_横.png

あれ、いつものラッピングされた車両じゃない!?

そう、この日自分の目の前にあらわれたのは、近未来的なボディを持つ車両として少し前に話
に上っていた新型の車両でした、一目見て、色々な意味で「ヤバイ」と思いました。
自分にとってある意味運命的な出会いでした、個人的に、どはまりするようなボディデザインでした。
車両内に移動すると、内部はそこまで近未来的ではなかったのですが、ただ今までの車両に比べて
当然ですが、真新しい状態ですし、デジタルフォトフレームが設置されていたのは少し驚きました。
次の駅名も電光掲示板?で表示されてて次の駅のアナウンスを聞き逃しても大丈夫です。

そして、個人的に問題になっていたSAPICAの利用方法ですが、なんてことはありませんでした。
今までは硬貨投入口と共通ウィズユーカード用のカード挿入口しかなかった運賃箱の上部に
地下鉄の改札やコンビニのレジなどでみかける電子カードをタッチするパネルが設置されていて
降りる時にそこにカードをタッチすれば自動的にカード残高から引かれるという仕組みのようでした。
これなら当初の想定どおり、SAPICAを使って路面電車も気軽に利用出来そうです。

また、路面電車自体今回自分が乗ったのがたまたま新型だったというだけで今までのラッピングされた車両

後日確認したら普通に走ってました、そちらでもきちんとSAPICAが使えるのか確認してみようと思います。

ここまでで自分の路面電車でのSAPICA利用の体験記だったわけですが、今回札幌交通局であった
変更はこれだけではありません。
こちらの通知ページに詳細が記述されていますが、SAPICAが路面電車やバスで利用出来るよう
になったと同時に、SAPICA利用可能エリアにて同じ交通系ICカードであるKitaca,Suicaなども
利用が出来るようになりました。これでJRも地下鉄もカード一枚で乗れるようになったわけです。

そんな中であえてSAPICAを使い続ける利用はあるか?という疑問があると思うかたもいらっしゃる
かもしれませんが、個人的にはあります!!
何故かというと以下のSAPICA独自のサービスが使えるのは当然ながらSAPICAだけでそれが
地下鉄を利用する時だけではなく今回の変更によって路面電車やバスを利用する際にも適用
されるようになったからです。
その機能とは

  • ポイントサービス
  • オートチャージサービス

詳細はSAPICAホームページに譲るとして簡単に説明すると
一つ目のポイントサービスとは
SAPICAを利用して交通機関に乗った際に運賃の10%がポイントとしてカードに貯まり貯まったポイント
が乗車運賃以上になった際にポイントで運賃の支払いが行われるというサービス。
常に同じ運賃で乗り続けると11回に1回は無料で乗れるという仕組みです。
二つ目のオートチャージサービスはクレジットカードの所持が利用条件になりますが
カードの残高が予め設定された金額を下回ると自動的に設定した金額がクレジットカード支払いで
チャージされるというものです。
お財布にお札がない!!っていう時でも問題なくチャージされるのでより手軽にSAPICAが利用可能
になります。
以上2点こんな便利なサービスが使えるのはSAPICAだけ!!という事で自分は今でも地下鉄は
SAPICAを使っています。

さて、以上ここまで一気に書いて来た訳ですが、今回の札幌市交通局の変更内容について少しでも
この記事を読んでくれた人達に伝わっていれば幸いです。
ここまでの長文に付き合って頂きありがとうございました。今回はこの辺で筆をおかせていただきます。
それでは、また。